STUDIO Nirone

今一度2年前の3月11日を思い出してみる

今一度2年前の3月11日を思い出してみる

2年前の3月11日14:46分 会社にいて揺れを感じた。最初は「ん?地震だな」くらいだったが、徐々に大きな横揺れとなった。日本海中部地震を経験したためか、縦揺れほど震源に近いという意識があったので、この辺が震源ではないなと感じつつ、徐々に大きくなる横揺れに「まずいかも」と心のなかでつぶやく。

自席はすぐ後ろに背の高いキャビネットがあり、更に上に棚が乗っかてるという危ういポジションなので、部屋の中央に移動。まったく揺れが収まらず不安を感じさらに廊下へ移動。2階から外を眺めると、十数人が外で不安そうに揺れが収まるのを待っている。この辺で停電したはずだが、正確には覚えていない。

揺れが収まった後、どこからか「震度7」という言葉が耳に入ってくる。当然停電なのでTVが映らない。仕事にならないので、同僚などと横揺れの大きさからみんな太平洋側ではないかと予想話をしつつ待機。

そこで自分がスマホだったことに気づきUstreamをチェック。ここで、伝説となった個人によるNHKのUstreamサイマル配信に行き着き、情報入手。先の震度7を確認。地震の大きさから、停電の復旧が遅れるかもと思い電池の消耗を防ぐべく、震源が太平洋側だったことを確認してまずは一旦切る。

そしてしばらく経ち、2度目にチャンネルにアクセスした時、流れてきた映像は仙台市若林区の農地一面を遡ってくる津波の映像だった。「マジか?!」「こんなとこまで波来てるなんて絶対対まずいぞこれ」と感じつつまた切った。当然この時点ではこんな未曾有の被害が出てるなんて想像に至っていない。

定時が近づき外が徐々に暗くなってくる。停電中なのでもちろん部屋の中も暗くなる。こりゃ当分社内待機だなと思ってたが、意外とあっさり帰宅許可が出た。

家に帰ったものの続く余震に不安を感じ、幸いにも車が後部座席を床下収納可能な1BOXだったので、一晩車中で過ごすことにした。懐中電灯を探したが電池が液漏れしてて使い物にならなくなっているのを確認した後、自転車につけていた充電式のヘッドライトを思い出し車庫へ行きスイッチ入れてみる。明かりがついた!。そのまま自室へ行き毛布と掛け布団持ちだして車に放り込む。さらにイーモバイルのモバイルルーターとネットブックも車へ入れた。

ネットブックを持ち込んだ理由は、停電でAC電源が使えずにいた中、ネットブックのUSBからスマホやモバイルルーターへ充電ができることだ。そして、このネットブックはustreamの屋外配信用に購入したもので、合わせて車のシガーソケットから充電できるツールも一緒に購入し車に積んであったので、車のエンジンがかかる限りは電源の心配をしなくて良かったのだ。前日たまたま給油して満タンにしていたのが、この日のわずかの安心感とその後のガソリン協奏曲に巻き込まれなかった最大の要因だった。

晩は何食ったか覚えていない。当日買い物をした記憶もないので家の中にあるもので何とかしたんだろう。

当時ソフトバンクだったスマホの回線は停電の影響なのかいつもより感度が悪かったが、イー・モバイルは快適だったので、ネットブックでustreamを見つつ情報収集。徐々に被害が明らかになるにつれこのままどうなるんだろうと漠然とした不安を感じつつ、起きたら電気復旧してないかなと祈り、その時の万が一の事故を防ぐだめ家のブレーカーを落として深夜1時過ぎには寝ることにした。この間はやはり夜は冷えるので何度かエンジンを掛けて社内が温まったら切るを繰り返す。

翌朝目覚めても電気は復旧していなかった。市内の上水道は、高地の配水池に一度汲み上げてから配水している。つまり停電中は配水池に汲み上げが出来ないので、その間配水池に残っていた水しか配水されない。家に入りあわててバケツや浴槽に水を貯める。そして熱帯魚の水槽に目をやる。魚種により2個ある水槽はいずれも水温が15度程度。通常22度前後なので大分動きが鈍くなっている。

自宅はプロパンガスなのだが、メーターも正常に動いていたので火は使えたし水もある。やかんにお湯を沸かして水槽に注げば水温は上がる。でも沸騰したお湯を現に生きてる魚のいる水槽にぶち込むわけには行かない。万が一注いでる箇所に近づけば即死だ。なのである程度温くないとダメなのだが、結果水温を上げるためには多量のお湯が必要だ。でも、水もガスもこの時点で復旧のめどは立っていない。自分が生きることを優先し、あきらめて水槽はそのままにすることとした。

腹が減ったのでとりあえず登藤商店へ行ってみる。なんと営業していた。お店の人曰く「米や燃料がある限り調理し続けます」とありがたいお言葉。ほかにも何人かお客さんもいた。明日はなんとかなるだろうという気持ちと、他のお客さんもあるしということで、とりあえず今日食べる分のご飯、おかずとカップラ3個を買い、家でお湯を沸かしてカップラに注ぎ車へ持ち込む。

昼過ぎてからだろうか、イー・モバイルの電波が弱くなってきた。おそらく基地局のバッテリーが減ってきたのだろう。なんどか電波をつかみそこねながら、ustreamやtwitterをチェック。すると、市内のフォロワーさんから電気復旧のツイートがちらほら。最初に目にしたのは明治町だったと記憶している。その後電気復旧の新しい地名が出るたびに家のブレーカを上げてみる→落胆を数時間繰り返し、ようやく電気が復旧したのは、徐々に暗くなりかけ今日も車中かなと思った直後の午後5時頃だったと思う。

家に上がりまず水槽へ。水温13度とかなってた気がする。一つは全部が腹を上にして全滅だった。合掌。しかしもう一方はほとんど動いていなかったが、嬉しいことに腹はまだ上を向いていない。あわててやかんに汲み置いていた水を入れコンロへ。適当な温度になったら、水槽に手を入れ、魚が近づかないようかき回しながらそこに投入。やかん1回で1度ほど上がった。3,4回ほどこれを繰り返し、水温計が16度を指したら、魚が徐々に動き始める。底でひっくり返ってるのがいないかのを確認し、ホッとして水槽前に膝をついた。「ごめんな」と両方の水槽に向かって言った。

震災当日から時系列を追って一連の流れで思い出せるのはここまでです。この後は数日いつでも外に出れる格好で寝ていた。また、地震関連ニュースの見過ぎで言いようのない根拠のない不安みたいなものに押しつぶされそうになったものの、江川紹子さんの「そろそろTV報道も通常に戻してもいいのではないか」というツイートを見て、なぜか背中を押してもらえたような気がして、日曜の夜あたりからテレビのチャンネルを地上波からスカパーにし、火曜にはけんぽくTVの第7.5回の配信をし、極力普通に過ごすようにしました。

Return Top