STUDIO Nirone

復興商店街に行ってみよう

復興商店街に行ってみよう

復興への一つの手段として事業への出資の話を以前しましたが、

2013年3月12日 復興支援に出資はどうですか?

もっと直接金銭的支援がしたいと思ったら復興商店街に行ってお金を使ってくる方法もあります。1泊2日程度だと、周辺の観光スポットや温泉なんかと組み合わせていけば2,3箇所は商店街を回れるんじゃないでしょうか。変に自粛ムードを持って行くより普通に行って遊んでくればいいんですよ。(もちろん犠牲者への配慮は忘れずに)

私の考えですが、やはり支援の前に一度現地を自分の目で確かめてほしいです。あの何も無くなった平地を見て欲しいです。見ることでこれから長く続く復興へつきあっていける気持ちを持つことができると思います。現地を見た人が増えることも復興へつながると思います。これまで一度も行ったこと無い方、是非1度訪れて自分の目で確かめてください。一部の自治体にある観光協会では”語り部”の紹介をしてくれますので、その方と一緒に行って当時のお話を聞くこともできます。

じゃぁ復興商店街はどこにあるのということになりますが、以前にもご紹介した復興商店街スタンプラリーのマップを参考にしてみてください。ただしスタンプラリーそのものは3月17日で終了ですが、復興商店街はそうそうなくなるものではないはずなので、私が個人的にDLしておいたマップのPDFを上げておきます。時間が経過すると道路事情の改善等により状況が変わることも多々あると思いますので使用の際はご注意ください。

そして、この復興商店街の大部分を実際に行って写真でお店を紹介していらっしゃる方もいます。

東北の復興商店街へ行こう ♪ ♪ ♪東北の復興商店街へ行こう ♪ ♪ ♪

岩手県、宮城県、福島県の復興商店街、仮設店舗、プレハブ商店街、復興市を紹介してします。 被災地を訪れた際はぜひお立ち寄り下さい。そしてどんどんお金を落としましょう。

私が去年行った時のことを再度書きます。

  • 平日日中は閑古鳥ですので、やっているのかやってないのかわからないお店が多数。場所によっては復興事業に従事している作業員のための昼食の仕出しに忙しくしている所もあります。
  • 元々町の中にあったお店が集まってますので、日用品などのお店が多くお土産に特化したような物産店がいくつもあるとうなことは想定しないでください。
  • 建物全てが流されてるような場所では道路標識が全く整備されていませんので迷う可能性大。自力でたどり着くしかないので、時間的にきっちりしたスケジュールは立てずに余裕を持って行きましょう。

今年もできるだけ行きたいなと。とりあえず今まで行ってない岩手県に4月中に行こうかなと考えております。

Return Top