STUDIO Nirone

水作エイトと水作コンセプト

水作エイトと水作コンセプト

4月13日 水作万歳\(^o^)/

という記事を書きましたが、今日水槽を大きくいじってもうもうとゴミが水中に舞ってしまったので、この際ということで一度撤去した水作エイトを再度投入し、既設の水作コンセプトと一緒に動作を見てみました。

物理濾過の点からすると圧倒的に水作エイトの勝利。水作コンセプトは吸入口の横のスリットにくっつきそうなくらいゴミが近づかないと吸い込まれて行かないのに対し、水作エイトは周囲5mm程度にゴミが近づくと結構な割合で吸い込まれてしまいます。

流量が少ないと思われる分、水作コンセプトは生物濾過にメリットがありそうです。魚の数を増やしたいと思ってるので、デフォルトでは空洞のコンセプトの中に濾材を入れて2~3個連結して水槽背面に付けて生物濾過の強化をしてみようかなと思案中です。

IMAGE_BF3FCE83-CD22-4560-89D0-7AF391F57A92

あまりのゴミっぷりに急遽水作2個投入の図

本体 水作エイトM 関東当日便

本体 水作エイトM 関東当日便
価格:578円(税込、送料別)

2013年5月12日追記

高さ45センチの水槽に取り付けようとしたら自重でずり落ちて思ったところに取り付けられず、L型金具を2個つなぎコの字型にして、底床に一方を埋めて立てるようにしこの金具に乗るように設置しました。吸着用吸盤が2個というのはやはり少ないですね。4個にしてほしいところです。

Return Top