STUDIO Nirone

リンゴカッター買ってみた

リンゴカッター買ってみた

あまり果物を食べる機会がありません。それは皮をむいたり切ったりするのが面倒くさいからw たまに食べたくなる時はスーパーでカット済みのパイナップルを買うのですが、ある時スーパーへ行くと皮むきカット済みのリンゴが売ってるのを発見。普通に売ってるリンゴが1個128円でカット済みが198円。70円の手間賃は高いなと思いつつ1パック買ってみるとこれがうまい!

その後スーパーへ行くたびに買ってたのですが、やはり手間賃代はもったいないということで、皮付きの普通のりんごの隣で売っていたこれをまんまと買ってしまいました。
[[amazon2][B0039XRJSG]]

まぁ、実際買ったのは貝印のやつですがamazonに取り扱いがなかったので。

使い方は簡単。リンゴを洗ったのち平らな場所に置きます。その際、つるの周囲とその反対側のくぼみの周囲にあるそれぞれの凸部分の高さを見比べて、凸の高さが同じ方を下にして芯が垂直に立つようにします。

そしてカッター中心円部分のさらに中心にくぼみが来るようにして、左右の取っ手に均等に力をかけながら真下へザクッと押していきます。
IMAG0255そして最後まで押し込むと・・・・・
IMAG0256パカっとこうなります。なかなか最後の切り離しまではうまくいきませんので、あとは手で引っ張れば大丈夫です。

でもご覧のとおり真ん中を狙ったつもりでも、左に種子が残っているのが見えますよね。なかなか中心を捉えるのは難しいです。なので、複数商品を比べられるのであれば、ちょっともったいない気もしますが芯をくり抜く中心の円が大きいものを買ったほうが手間がかからないと思います。

これ買ってからほぼ毎日リンゴを食べてるのですが、海外のことわざでリンゴ1個で医者いらずとかいうのを英語の授業で習った気がします。

先週1週間風邪引いてましたけどなにかwww

Return Top