STUDIO Nirone

ふるさと納税って?

私は「とある町」に住んでいます。この町にはわたしとたかし君しか住んでいません。私もたかし君 も税金が4万8千円で同額です。

さて私はカニと牛肉とメロンが食べたくなり、ふるさと納税制度で縁もゆかりもない自治体に2万円を寄付しました。

これによりふるさと納税の控除を受け私の税金は3万円(4万8千円ー(2万円ー2千円))になりました。

これを「とある町」側からみると、「とある町」の税収はたかし君 の4万8千円と私の3万円の計7万8千円になります。この合計を2人で割ると1人あたり3万9千円になります。

私がカニと牛肉とメロンを2万円で手に入れたことを理由として、たかし君 は私にかかる行政コストのうち9千円を負担することになりました。

カニと牛肉とメロンがいかに美味しかったか自慢気に語られる中で、その手に握った4万8千円の納税通知を見つめるたかし君の気持ちを答えなさい。

①損している気分になったので、だったら僕もと普通に買った方が安いことにも目を向けず、食べたい鍋セットを送ってくれる自治体に寄付し、その結果「とある町」の税収を更に減らす。

②減った税収は他の町から取ってくればいいと、いつ来るか、いつまで来るのかアテにならない寄付金を待つ。

③ 租税原則のひとつである応益原則(受益の大きさに応じて税負担をすべきであるという考え方)に反していることから、憲法に定められた法の下の平等に反するとして訴える。

Return Top