STUDIO Nirone

シュリンプ水槽新規立ち上げ

シュリンプ水槽新規立ち上げ

シュリンプも増えてきたところで、ソイルの崩れが見えてきたので移転先の水槽の準備を。

まずは基盤フィルターはニッソーの底面。これまではコトブキのボトムインフィルターだったんですが、流量のコントロールがしにくいのでこっちにしました。

img_0148

これを底面に置いて次に床材。img_0150

今回は大磯砂細目オンリー。ソイルの吸着効果に期待するか、大磯砂で週一くらいで底床掃除するかだと思うんです。一度水槽を立ち上げたら掃除しないほうがいいとも言われますが、ソイル敷の今の水槽も底床掃除して、それでシュリンプが死んだことは1度もありません。
img_0155

まず薄く敷いた後に、バクテリアの素をふりかけてさらに大磯砂を敷きます。

img_0154

これでは不安なので今回もTOTTOのパーフェクトフィルターを設置。
img_0157img_0159

上蓋を外すとこうなってまして、この写真だと右にモーターがあって水を汲み上げ、順に右から左へ、それも右端は上から下へ、次のパーツには下から上へと順に流れて行きます。

img_0160

正面から見るとこう。

img_0161

そのほかヒーターを設置。
img_0162

最後に水草を入れて水張り。濁ってますが、初回はいつもこんなもんです。特に異常がなければ翌日には透明になってます。

このまま数日は生体入れず水を回し続けます。予定通り水が透明になったら丈夫なヤマトヌマエビを数匹入れて1ヶ月はそのままでバクテリアがしっかり活動してからシュリンプを移動させるのは2月くらいですかねぇ。

Return Top