STUDIO Nirone

水作パネルフィルター購入

水作パネルフィルター購入

水槽の設置当初からこんな風にコリドラスが側面をせわしなく上下していました。思いついたのが、もしコリドラスの目にもこの動画と同じように見えていたのなら、側面に反射した水槽内の景色が「ここよりもっと先がある」と思わせてしまい、そこに行こうとしているのでは無いかということです。

じゃぁ側面を反射しないようにすればいいじゃんということで、この反対側に設置している「水作コンセプト」を新たに追加購入して置けばいいと思ったんですが、通販サイトで取扱が見られず、水作株式会社に問い合わせたところ、「水作コンセプト」は去年の9月に廃盤し、後継として「水作パネルフィルター」がありますと教えていただきました。

早速購入しました。
水作パネルフィルター本体は「S」と「W」がありますが、「S」はsmall=小さいの「S」ではなく、Single=単体、の意味です。この「W」を箱から出すと
左の吐出口のついたユニット1個+右の追加ユニット1個で「W」なのでしょう。そして右側に更に追加ユニットを足していくことができます。

中のマットはこうして上部を手前に開けて取り出し交換用マットと入れ替えます。

なお、吐出口のパイプや吸盤は水作コンセプトのように取り外しができませんので、使う向きはこれで固定です。つまり左側面につければ吐出口は手前に来ますし、右側面につければ吐出口は奥になります。

さて、1ユニットの横幅が55mm、吐出口込みだと72mmとのことで、水槽の奥行きが450mmなので追加ユニットを4枚足して計6枚にしてみました。
裏面になるのですが、黒いのは自分で貼ったビニールテープです。というのも、ユニット同士のつなぎ合わせが、各ユニット最下部の通水路の部分しか無く、ユニット上中部にはフック等が一切ありません。したがって、ユニットをつなぎ合わせてもこのように扇状に開いてしまい、おまけに最下部のつなぎ合わせもかっちりハマるわけではないので、容易に外れてしまいます。
ここは水作さんには1つ考えてもらって改善をしてほしいと思うのですが、設置してから思いついたのが、水槽外で組み合わせるのではなく、水槽に1個ずつ入れて組み合わせたらこのようなことはなくなるのではないかと思います。吸盤はそれほど強くないので、1個設置しては隣にもう1個壁面につけてスライドさせて組み合わせてしまえばいいと思います。

そんな苦労をしつつ設置後がこれです。

水作コンセプトの本体が黒で中が見えないのに対し、パネルフィルターは透明なのでその点気になるのですが、水作製品全般に言える「茶色くなってから本気出す( ・`ω・´)」を確認できるのもまた利点かもしれません。

Return Top