STUDIO Nirone

カミハタ アクアフィオーレをデスクトップ水槽に

カミハタ アクアフィオーレをデスクトップ水槽に

チャームさんで用品を見てたらアウトレットにカミハタアクアフィオーレが約3000円であるじゃないですか。

DigiPressテーマセールスページアウトレット品 カミハタ アクアフィオーレ ブルーシルバー 訳あり

アウトレット品 カミハタ アクアフィオーレ ブルーシルバー 訳あり

これ発売当初は1万円近い価格だったと記憶しているのですが、どうやら廃盤になったようです。1万円が3千円と言われてはポチる以外にないじゃないですか。

商品目的はこれ1セットでCO2発生装置もついて水草育成環境が手軽に揃う。ということで説明書にはこれで生体は飼うなみたいなことを書いてるのですが、コリドラス水槽にいるハステータスに餌がいっているのか不安で、こいつらを隔離するためにも買ってみました。

そこで、背面部分に濾過とヒーターを設置。
濾過はGEXの「イーロカPF-201」、ヒーターは同じくGEXの「メダカ元気AUTO HEATER SH55」です。各装置とも背面部分の奥行きがこれでギリギリなので、これ以上大きい装置は仕込めませんね。
気になってるのがCO2発生装置の底に穴が空いていて、そこからCO2の溶けた水を水槽内に出すのですが、ヒーターと発生装置との間が5mmほどしか無く、これで機能するのかちょっと心配です。
イーロカは購入時に活性炭がついてきますが、それはポイして少しですがろ材を入れました。吐出口にはこれも製品に最初から入っている流量調節用のつまみのついたパイプを付けてます。生体を入れてしまうと、この商品の売りである「トレーを水槽から出してメンテ」というのは不可能になるので、流量が全開だと間違いなく拭き上げてこぼれるので、設置前に1/2~1/3に絞ってから設置しましょう。

ということでセット完了。
ハステータスもお引っ越し。

Return Top